クリンダマイシンゲルによるニキビ対策 | 肌トラブルなら海外医薬品

ニキビは実は皮膚の病気

ニキビは、男性でも女性でも、誰でも一度はなったことがある皮膚病だと思います。
また、10代であまりならなかったけれど、成人してから悩むようになったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ニキビは尋常性ざ瘡と言われ、毛穴に皮脂が詰まることによって起こる皮膚の病気です。
10代でよくこの症状が見られるのは、性ホルモンの分泌が活発になる時期で、皮脂の分泌も同様に活発になってしまうことに影響しています。
皮脂の分泌が活発になると、毛穴に皮脂が溜まりやすい状態になり、そのまま放置していたり、外気や手で触ったり、衣類などでこすれたりして、その部分が過剰に反応し、バイキンが繁殖し、赤く盛り上がった状態になったり、白い膿をもったような状態になったりします。
軽度の場合は痒みや痛みもないのですが、目立つため、どうしても触ってしまったり、隠すために化粧をしたりして、よけいに患部を不潔にしてしまうことがあります。
そうなると、ますます化膿して酷くなり、治りにくいだけでなく、痛みや痒み、出血などを伴うことにつながります。
さらに酷い場合は、治った後もずっと跡が残ったりすることがありますので、一度出来てしまったものは、殺菌作用のある洗顔剤で患部をやさしく洗い、薬を塗って、常に清潔にしておくことが大切です。
また、大人ニキビと呼ばれるものは、10代の頃のものとは違って、食生活や睡眠不足、喫煙やアルコールの摂取などによるものが多いです。
生活習慣を見直すことで、改善されることがほとんどです。