クリンダマイシンゲルによるニキビ対策 | 肌トラブルなら海外医薬品

正しいスキンケアの方法

顔に赤いポツポツと出てきてしまうと、とても憂鬱な気持ちになってしまいます。
1つくらいならまだしも、いくつも出てしまうとちょっと見るのも嫌になります。
ただ、単に吹き出物といっても実は種類があるのです。
それは青春のシンボルと言われているものは、思春期に出来るものです。
また、二十歳を過ぎても出来るものが、大人になっても出来てしまい、大体30歳代まで出来てしまうこともあります。
大きく分けてその2つですが、またケアをするにそれに対応したケアが必要です。
そのニキビケアをするのであれば、まずはその種類を知る事です。
初期の物は、男性ホルモンの働きによって、角質乾燥のバリア機能が低下しておきます。
角栓が毛穴の出口をふさぐことにより、内側の皮脂が溜まりやすくなってしまうのです。
この場合は、まだ肉眼では確かめることができないので、その場合のケアは乾燥を防ぐために保湿を重視したスキンケアをしておくことです。
白くぷっくりとした物は、角栓によって毛穴がふさがり、中に皮脂が溜まりつつあるものです。
コメドとも言われています。
ケアとしてホルモンバランスを整えることと、医療機関で面法圧出で治療をすることが良いでしょう。
黒いものは、毛穴内部に溜まった皮脂が、黒く酸化したものです。
ブラックコメドとも呼ばれ、初期のものと考えても良いものです。
ケアは、白いコメドと同じです。
赤いものは正式名、赤色丘疹と言い、炎症を起こしている状態です。
これを放置しておくと跡が残る可能性も高くなり、爪で潰したりしてはいけません。
炎症を止めるために、抗生物質やステロイドといったものを利用してケアをします。
黄色いものは、これは悪化して膿んでいる状態です。
こちらになると、かなり重症で、皮膚科へ行って診てもらう事が望ましいものとなります。
男性ホルモン作用を抑える薬を使用することにより、緩和して行きます。
紫のものは、こいらもかなり重症で、炎症が極限まで悪化しています。
ここまで悪化してしまうと、滞留物を除くためにも、切開が必要となる場合もあるのです。
ニキビケアをするにも、種類によって大きな違いがあります。
しかし、予防として行うことはどれも共通しているのがホルモンバランスを整えることです。
食事などのバランスも日々取り入れて、予防をしていくことをしてください。