クリンダマイシンゲルによるニキビ対策 | 肌トラブルなら海外医薬品

頑固なニキビは治療薬とケアで解決

ニキビは男女ともに多くの人が悩んでいる肌の症状のひとつです。
短期間に改善されることもあれば、時には改善が長引くこともあり、長期に悩んでいる人も少なくありません。
改善のためには、洗顔を丁寧に行なう、スキンケアを見直してみるなどがあげられますし、食生活の改善なども良い効果が得られる場合もあります。
努力を続けていても改善が難しい場合は医療機関による治療も検討してみましょう。
医療機関ではレーザーやケミカルピーリングなどの治療も行なわれていますが、特に手軽に行なえる方法としては薬を使った治療があげられます。
薬は飲むタイプ、肌に直接つけるタイプがありますが、肌につけるタイプとしてはクリンダマイシンゲルも効果の高い薬のひとつです。
ニキビができてしまう原因としてはアクネ菌やブドウ球菌が過剰に発生してしまうことがあげられます。
これらの菌は常在菌と呼ばれるもので、誰の肌にもあるものですが、皮脂の詰まりなどが原因で過剰に繁殖してしまうことがあります。
それゆえに改善のためにはこうした菌の繁殖を抑えていかなくてはいけません。
クリンダマイシンゲルは殺菌作用が高く、アクネ菌の発生を抑え、症状の改善に役立ってくれます。
主成分は抗生物質のクリンダマイシンで、肌につけられるようゲルにしています。
使いかたは特に難しいものではなく、洗顔後の清潔な肌に患部に塗布していきます。
殺菌や炎症を抑える薬ですので、跡になった部分などには効果があるものではありません。
使いかたは難しいものではありませんが、早く治したいからと過剰につけることは避け、用量用法はしっかり守りましょう。
そして、患部以外のところに塗ってしまうと肌が必要としている菌まで殺菌してしまいますので、かえって肌トラブルが起きてしまう場合もあります。
塗るのは患部のみにしておきましょう。
目に入らないよう気をつけて塗ることが大事ですが、もし入ってしまった場合はしっかり洗い流します。