クリンダマイシンゲルによるニキビ対策 | 肌トラブルなら海外医薬品

殺菌、抑制効果の高いクリンダマイシンゲル

クリンダマイシンゲルはダラシ―のジェネリック製品です。
主成分はクリンダマイシン塩酸塩です。
先薬のダラシ―は製薬会社ファイザーから製造販売されています。
クリンダマイシン塩酸塩を使ったダラシ―のジュネリック製品には、国内メーカーだけでもたくさんあります。
クリンダマイシンゲルはシオノ製薬とクラシエ製薬から出ています。
クリンダマイシンリン酸エステルがブドウ球菌属やアクネ菌に対して抗菌する作用があります。
ニキビのある患部に塗布することによって最近のタンパク質の合成化を阻害する働きがあり、殺菌効果があるため、ニキビの炎症の悪化を防ぐことができます。
またクリンダマイシンリン酸エステルは、体内に溶け込むとエステラーゼによる分解を受けます。
それによりクリンダマイシンに変化をし、抗菌作用が生まれるのです。
特にアクネ菌やブドウ球菌に対する殺菌効果や抑制効果が高いので、化膿性炎症がある部分には、効果があります。
皮脂分泌が活発化しやすい顔や背中、胸などは皮膚が脂性に傾き、毛穴に皮脂が詰まることによって、角栓が詰まります。
皮脂が面皰となり、そこにアクネ菌が繁殖することによって患部が熱を持ち炎症するのです。
この段階で炎症を抑える薬を塗ることによって、患部に跡を残さずに綺麗に治すことができるでしょう。
薬を塗布する際に注意することがあります。
それは患部以外の場所には塗らないことです。
患部以外の皮膚に塗ってしまうと、毛穴が詰まってしまい吹き出物ができるおそれがあるからです。
用法は一日に二度、患部を綺麗に洗った後、塗布します。
塗り忘れた時は、気がついた時点で一回分塗りましょう。
塗りすぎると毛穴が詰まってしまうため、ティッシュで拭きとりましょう。
使用することが出来ない方は、アレルギー体質の方、薬を使用して異変がある方、妊娠中や授乳中の方です。
腹痛や下痢、発熱が出る副作用がある場合にはすぐに使用をやめましょう。
また薬品による過敏症として、腎不全や肝機能障害、骨髄障害などがあります。